アニメ話

ハイスコア

●ハイスコアガール・18話。野郎どもの俺が俺が的マウンティング合戦であるゲーセン抗争に対し、くっだらねえとしてバリバリ怒ってるコハルさんであり、その怒りはやがてふがいないハルオさんへの電車道吶喊へと進む。とにかくもう、話後半まるまる使っての彼…

けものみち

●旗揚!けものみち・6話。初っ端にMAOさんの召喚事情をちょっとやって、あとは召喚主である雨宮声のイオアナさんと花子との因縁回想話。ほぼ主役の出てこないサブストーリィであるが割と面白い…っつーかカーミラさんがそこそこ頑張ってる様子ってこれが初登…

バビロン

●バビロン・5話。曲世さんの中学時代を語る叔父の精神科医さんの話、具体的な接触もなくただそこにいるだけで周囲の人間を性的に絶頂させてしまうという…やっぱもう人間じゃないですよねこの女。カウンセリングによって彼女が手に入れたのは多分、その能力を…

けものみち/ハイスコア/ヴィンランド

●旗揚!けものみち・5話。名前がMAOなのでそら敵として召喚されるってな展開になるわなあ、という前振りをそのまんま展開する話。ちょっとテンポが悪くてスパンとした勢いには乏しかったんだけど、なんでしょうねこの…MAOさんの性格の意外性。まさかここまで…

ヴィンランド/バビロン

●ヴィンランド・サガ・16話。アシェラッドへの逆風は続くってことで、その象徴としてのトルケルさんがホンマにもう、人の形をとったクソトラブルって感じですごくいい。基本地に足ついたデザインと設定なんだけど、ことこのおっさんにあっては出る作品が違う…

けものみち/ハイスコア

●旗揚!けものみち・4話。OP見るにこれでレギュラーメンバー揃ってるのだろうが、初回でトラブルメーカーっぽく出てきたシグレさんがツッコミポジションになるとは思わなかった。常識人というよりはダメ男に貢いじゃうタイプというか…。そもそも主人公が暴走…

ヴィンランド/バビロン

●ヴィンランド・サガ・15話。死ねラグナル、貴様の死を通じて人間的に成長してやる! という話。実際この死がクヌートにとって大きな転換のキッカケになるのは間違いないんだが、まずその前にクヌートの料理イヴェントを置いてどらまちっくな効果をいや増し…

ハイスコア

●ハイスコアガール・15話。前半は伊藤静先生の介入と改心の話、後半はそれに次いでのハルオ/大野さんのAOUショーデート、そしてあの「指輪」でシメ。ここまでがOVAなんだよね? てことで、そこそこっぽい終わり方でまとめてある印象。前半部分の大野姉、赤…

けものみち

●旗揚!けものみち・3話。竜族のお嬢様とお付きのヴァンパイア、ともにぽんこつ気味な二人が加わってこれでOPに出てくるレギュラーがそろったってとこか。悪食で細かいことは気にしない竜の娘・リンダブレア(ってすごい名前だな)はともかく、デザイン見て…

ヴィンランド/バビロン

●ヴィンランド・サガ・14話。世界の悲惨さに押し流されてどうしようもない庶民と、今まさに世界の無常さ方面に傾きつつあるアシェラッドたち。残酷な一夜ののちに一人だけ生き残った女の子さんの前に現れる、青い青い月夜のこの世ならざる美しさが、物語のキ…

けものみち/ハイスコア

●旗揚!けものみち・2話。前回は主人公の源蔵というキャラの異質な行動でツカミを行ったのだが、今回はその上でVSオークという見どころを設定している。魔獣(動物)相手では表現しきれなかったプロレスのムーブを、デミヒューマン相手にふんだんに見せる…い…

バビロン/キャロル

●新番組・バビロン。制作の為に周到に取材を重ね、またじっくりと練った展開を構築しているのがよく判る第1話であり、お話のツカミとして充分なパワーを持っている。どんどんと繋がり転がってゆく展開は30分枠を飽きさせず、それを支える細かいディテイルに…

本好き/ヴィンランド

●新番組・本好きの下剋上。異世界モノにして題材が書籍、監督は本郷みつるということで割と期待してたんだけど、1話に関して言えばイマイチピリッとしないな。作画面でそれほど潤沢なバジェットじゃないのはまあいいとして、状況の説明として語り起こしのテ…

新番組二つほど

●秋季新番組で「旗揚!けものみち」「慎重勇者」の連続を見る。慎重勇者の方はちょっと個人的にノリが合わなくて、でも豊崎さんは芸達者キャラとして十二分にやってんなあとそこは感心して、あと梅原さんはこういうデッドパン(に見せかけた)キャラがいい感…

コップクラフト/キャロル

●コップクラフト・最終話。VSゼラーダさん。強大な魔術使いを前に苦戦しつつ最後は相棒同士、お互いの武器を交換してヤッツケる、という燃える展開でシメ。ラストバトルらしくボロボロのケイ、ティラナともに見せ場も多く、またちょいと余韻を残しつつの終わ…

ヴィンランド

●ヴィンランド・サガ・11話。VSトルケルなお話。前半の軽薄にして深遠なるキリスト教のバカ話がなかなか楽しい。けれどラグナルの言うように、対するトルケルのヴァイキング的価値観はすでに古いものではあるんだろうな。ともあれ、状況を心底楽しんでるトル…

キャロル

●キャロル&チューズデイ・22話。キャロチュー組はクリスタルとのコラボもコミで、真っ当にスター街道駆け上がる成り上がり話をやってんだけど、問題はアンジェラの方ですわな。なんかこう、ここまでのきつい試練を受けて状況整えられるとなんかこちらの方が…

コップクラフト

●コップクラフト・11話。市長選は候補者が銃撃により死ぬわ暴動により市民も死ぬわで大荒れとなる。残った候補者はプチトランプみたいなタカ派と胡散臭い殉職した候補者のヨメ、という状況。どっちもヤだというティラナさんに「民主主義ってのは良いものじゃ…

アストラ

●彼方のアストラ・最終話。2話分の1時間スペシャルであり、そういえば開始時もまとめ視聴の作品であった。伏線は滞りなく回収され、どの方向にも満遍なく充実した大団円を形作る。最終回にタップリとエピローグを取る作品はいい作品です。あと、ルカさんが基…

アストラ/ヴィンランド/コップクラフト/キャロル

●彼方のアストラ・11話。シャルスさんの告白とその顛末。1話ほぼシャルスさんの背景の種明かしで、そのキッツい履歴と情感も然りながら、それを受けてのカナタさんの吶喊姿勢も衝撃的でよろしい。彼が片手を失うことになったあの行動は多分無意識のことなん…

キャロル

●キャロル&チューズデイ・20話。新人賞レースにてあのアンジーを見返したんねん、と意気上がる二人だけど周囲の状況は割とめんどくさい。というかいろいろと二人だけの問題じゃなくなってきててねえ。移民問題と排外主義、ここに関わってくるのがチューのお…

ヴィンランド

●ヴィンランド・サガ・9話。のっぽのトルケル本格登場。満を持しての参戦にふさわしい強烈な印象のキャラであり、作画もアクションシーンを中心に熱量高くてよろしい。ぐるんぐるんカメラ位置が動くのでコンテ段階からめんどくさそうだなーと思った。性格的…

キャロル/アストラ

●キャロル&チューズデイ・18話。アーティガンとタオのデコボココンビ話に始まり、メインのカイル記者とチューの話を軸としてなんかやたらいろんな要素が進行する回。アンジーへのシャレんならんストーカー、再登場のヘフナーとフェスへのリベンジ、チューお…

ヴィンランド/コップクラフト

●ヴィンランド・サガ・8話。トルフィンはまだまだアシェラッドには敵わないんだけど、戦闘能力としては前回時期よりは格段に強くなってんな、ってのがよく判るのはアニオリ部分の功績だな。アシェラッドの煽りセリフが流石の内田直哉で、老獪さヤらしさ満点…

アストラ

●彼方のアストラ・8話。謎の同型船と謎のコールドスリープ女性の素性はとりあえず明らかになったが、でもまだ何か謎は(当然ながら)残っている。この世界には何か大きなことが発生しているはず、と言うのはその事象が回避されたのかあるいは別の世界線から…

キャロル

●キャロル&チューズデイ・17話。チューのお母んの政治的内情がギスギスしてたり諏訪部の記者がなんかこっちに踏み込んできたりとどこか不穏な雰囲気はあるのだが、それよりもまずアーティガン。一旦零落したのち裸一貫やりなおすという何となく感動的なスジ…

ヴィンランド/コップクラフト

●今日ガンダム無いなと思ったら前回分で最終回だった。それで各人のテロップ出てたのか…。なんか普通に続くもんやと思ってしまったよ。総評…はまあ、こういうことが発生する程度に「これで終わりなの!?」ってとこに尽きようか。いろいろ理由は(主に資金的…

キャロル/アストラ

●キャロル&チューズデイ・16話。主にガスの過去と過去から来た女の話。いつか出るだろうなと思ってた林原めぐみがここで登場、ひょっとして歌うかなとか思ったけどまあそれは無いか。このフローラさんの、いかにも「持ち崩した女」ってな感じがなんかすげえ…

ヴィンランド/オリジン/コップクラフト

●ヴィンランド・サガ・6話。トルフィンがトルフィンとなるお話と共に、当時のヴァイキングさんたちの周辺事情も語られる。トルフィンが殺人童貞を失って、まあこれで半人前にもならんとは言えキビしい世界に一歩進んだな…ってタイミングでなかなかにエグい話…

キャロル/アストラ

●キャロル&チューズデイ・15話。デズモンドなる伝説の人が出てきて最後の歌をキャロチューたちに聞かせる話。カリスマティックな人をそれらしく描く、という結構めんどくさいことをかなり高い精度で演出してて感心する。デズモンドのデザイン、たたずまい、…