アニメ話

夜は短し歩けよ乙女

●録画してあった「夜は短し歩けよ乙女」をやっと見る。他者に対して無私の幸せを無慈悲に撒き散らす完全で完璧でおまけにうわばみな黒髪の乙女が、一つ「風邪」をひいて人としての不完全性を手に入れて人たる存在の先輩の許に降りる話。…まあその、劇中にて…

ゴジラS.P/ダイナゼノン/バック・アロウ

●ゴジラS.P・3話。赤い霧とともに現れるラドンの群れ。電波によって引き寄せられ暴れ回るも短い命として次々と死んでゆく。割とリアルなデカさの猛獣の群れに襲われて知恵と技量と運で打破するという、なかなか模範的なモンスターパニック映画のフォーマット…

メガロボクス

●メガロボクス2・2話。相変わらず陰鬱で沈んだ雰囲気作りがまあ、うまいことうまいこと。人が死ぬだの叫ぶだのとかナシで、ただ苦くて重い状況があるというその世界の語り方。その中にあって両の足でちゃんと立つ、チーフやマーラのような真っ当なキャラ。し…

ダイナゼノン/バック・アロウ

●SSSS.DYNAZENON・2話。敵の主体の登場と更なる戦い。バトルシーンはちゃんとサービスとして充実させつつ、各キャラの描写とドラマの掘り下げも慌てずにこなす。…なんつーかこの作品のキャラ、いろいろと独特な生っぽさがあるのよね。ガウマさんがすげえ気の…

ゴジラその他

●ゴジラS.P・2話。最初のラドン登場とちっこいジェットジャガーとのバトル、その社会的反応、主人公たちの行動、そして大量のラドン襲来まで。詰めっ込めるだけ詰め込んだ話の展開、しかし情報量とそのディテイルのてんこ盛り加減がなんか楽しい。これは演出…

メガロボクス

●新番組・メガロボクス2。ノマドのサブタイ通り、かつて勝利と安寧を得たハズのジョーは今やグッダグダである。細かいことは台詞でも説明されないが、陰鬱で重い画面作りと演出で、彼の今の泥沼状況がよく判る…というか、骨身に染みるほどに感じられる。地下…

ダイナゼノン/バック・アロウ

●新番組・SSSS.DYNAZENON。グリッドマンアニメの続編的なヤツ。初回としてキャラと状況の紹介、主人公たち少年少女側の微妙にギスギスとした生っぽいタッチの様子と、どっか浮世離れしたエエ兄ちゃんな「怪獣使い」ガウマさんの対比ですな。多分ヒロインポジ…

ゴジラS.P

●新番組・ゴジラS.P。ゴジラのアニメ化ってったってまず円城塔連れてきたってとこでかなり驚くわなそりゃ。その語り口からして衒学的にして饒舌、この辺の異化効果だけで「あ、ちょっと聞く」って感じで俺は弱い。そしてジェットジャガーが出てくる上にその…

バック・アロウ

●バック・アロウ・12話。手酷い挫折を被り屈辱と雌伏、それを部下に涙の鉄拳で諫められての大いなる復帰。この作劇がアロウたちじゃなくて敵のカイとレンをして行われており、そしてそのてんこ盛りの演出にも容赦がない。ここまでガッツリやられて、かつアロ…

裏世界ピクニック

●裏世界ピクニック・最終話。米軍との脱出作戦に立ちふさがるかんかんだらの人。いみじくも「田舎のヤンキーかよ」との台詞通り、メンチの切り合いの末に横合いからデカい車両でぶっ飛ばす、という怪異相手とは思えない戦い方が可笑しい。かんかんだらさんの…

バック・アロウ

●バック・アロウ・11話。いよいよレッカVSリュートの開戦。あれこれ読み切った上でシュウさんはカイ/レンの仇敵(?)コンビと相見えた上でこれに勝つ。しかしアロウさんの直情だがものすげえ透徹する見識は、シュウさんの戦術謀略をも超えていく…。この二…

バック・アロウ/裏世界ピクニック

●バック・アロウ・10話。リュートとレッカの開戦、フィーネ姫の乱心、アロウ達とエルシャ達の絶体絶命。こんがらがった状況を一刀両断(まあ問題も残るけど)するのは、やっぱしアロウさん…と、今回はエルシャの覚悟である。でもこの主人公メカが武器になる…

クラッシャージョウ

●クラッシャージョウが限定公開なのでひっさびさに見る。今の目で見ればいろいろ古臭いんだけど、全編にわたって安彦良和のキャラ修正が入る(ラストのエアカーシーン以外)という今となっちゃ贅沢な作画ではある。ガンダムオリジンの安彦エミュはあれ、こう…

裏世界ピクニック

●裏世界ピクニック・10話。女子会的焼肉に行こうと集まったらやっぱり裏世界に行きかけてしまう話。こうなるとこのお二人さんが怪異を寄せる疫病神なんじゃないかってな感じだが、あるいは今までのエピソードを通して何らかの原因…というか呪みたいなものを…

バック・アロウ

●バック・アロウ・9話。アロウ達の困難とは別レイヤでの国家間ゴタゴタが発生し、それにフィーネ姫の二重人格が話に乗っかってくるという感じ。割とごちゃっとした道具立てでテンポも速いんだけど、実に見やすく構成してあって結構感心している。こっからど…

裏世界ピクニック

●裏世界ピクニック・9話。再登場のアカリさんであり、何をするかっつーと友垣のなっつんが怪異に巻き込まれたのでソラヲさんたちの助けを借りつつベアナックルでぶん殴る。いかにもこの世のリクツが通用し無さそうな怪異婆さんを、形がなくなるまでステゴロ…

バック・アロウ

●バック・アロウ・8話。諸々あってリュート国エピソード。いやもうホント、意外性とドンデンで話を面白くしてやろうというサーヴィス精神はヒシヒシと感じられる詰込み具合で面白い。愛だの何だの言うておいて相手のことはあんまり心にかけない姫さまという…

裏世界ピクニック

●裏世界ピクニック・8話。ネコの…ニンジャ! (withアフリカ投げナイフめいた邪悪なスリケン)という話。ゲストキャラのアカリさん、やたらめったら図太くて、奇怪で異常な状況下でも腕一本で切り抜けて「カラテやってるんで!」という…てっきりこの人が怪異…

バック・アロウ

●バック・アロウ・7話。壁際にて壁の破壊を試みるも成功せず、ってとこでエッジャ(アロウ)を挟んで二大強国の鍔迫り合いが発生する。この状況を表面的なレベルで受け流してるシュウさんは、はてどこまで見通してることやら。リュート国側の姫と称されるフ…

バック・アロウ/裏世界ピクニック

●バック・アロウ・6話。美少年牧場というバカみたいな主題でかなり重くて露悪的なギミック、その上でエエ感じにこれにて一件落着させる寓話性。前にも言うたがこのバランスは谷口的でもあるし中島っぽくもある。いっちいち美少年々々言うのが可笑しいてしゃ…

バック・アロウ/裏世界ピクニック

●バック・アロウ・5話。シュウさんが寝返ったとなれば真っ先にやってくるであろうカイ将軍。あまりにも強いが直情的すぎる彼を奇策でかわして生き延びるシュウさんである。シュウさんがもうマジで変化球と策謀に寄って立つキャラなので、どこまで主人公側に…

裏世界ピクニック

●裏世界ピクニック・5話。初の前後編、事故的に裏世界に来たら在日米軍と鉢合わせたという話。これが映画とかならこっから怪異以上に人間のゲンナリするドラマが盛り込まれるだろうなというシチュですよな。1か月も現世と隔絶されてちゃそら人心も荒むよね。…

バック・アロウ

●バック・アロウ・4話。将軍二人の出自とその現在。主に杉田のシュウさん、この人のとても捉えどころのない行動を軸に物語を進める。バッキャロウさんのあり得ない力、信念を分割して分身するという彼の可能性を見て、こっちに寝返ってくるという…この寝返り…

裏世界ピクニック

●裏世界ピクニック・3話。メインギミックは「時空のおっさん」という…知らんなこれ。MIBみたいな存在なのかな。呼称がすげえ場当たり的というか、ある若い世代の限定的なノリそのまんまで取り繕ってない感じが如実なのでそういう狭いリアリティはある。本編…

バック・アロウ

●バック・アロウ・3話。なんだかんだあって、お仲間達は一つの大きな船…ホワイトベースというかソロシップというかアイアンギアーというかゼラーナというか、そんなんを手に入れる。バックアロウさんの目的は壁の外に出ることだが、それ以外の村人たちにとっ…

ジャイアントロボというかそのBGMのこと

●楽曲のオマージュってのはいろいろあって、エヴァのdecisive battleがロシアより愛をこめてだとかビッグオーがUボートやセブンやフラッシュやUFOとかから取ってきてるとか、そういうのをあとから知って楽しんでたんだけど、今回はOVAジャイアントロボのビッ…

裏世界ピクニック

●裏世界ピクニック・3話。「巨頭オ」回。もともと「変なとこ来たら変な集団が居た」とまあその程度の内容しかない、その即物性が何となく怖さの要素でもある、みたいな話である。よってキーとなるのはその「巨頭」たちがどんなけ怖いかってとこですが、少々…

バック・アロウ

●バック・アロウ・2話。この語り口のパッパカしたテンポと(今後の展開への)呼応というか寓話性は、確かにベースの一つである中国古典逸話へのオマージュを感じるがそれは単なる気のせいかもしれない。とまれ、主人公のバックアロウさんが割と物語の制約を…

裏世界ピクニック

●裏世界ピクニック・2話。八尺様登場。怪異にかどわかされそうになっている者を救おうとしたらそれ自体が罠でした、という典型的な流れがちゃんと成立しててちょっと感心する。その前まで描写でソラヲさんがトリコさんにどうも百合懸想気味なのを示した上で…

バック・アロウ

●新番組・バック・アロウ。谷口悟朗監督で中島かずき脚本という取り合わせ。谷口監督はこういう、そこそこのバジェットで適度に通俗的で明らかにオリジナルのアニメをコンスタントに作ってくれるとてもありがたいお人であり、その上ジャンルが今ではあんまし…