アニメ話

ユーレイデコ

●新番組・ユーレイデコ。これは…拡張現実(AR)が社会の根幹にあり、いいねがほぼ通貨となってる世界か。表現形式は確かに湯浅政明のフレーバーが濃厚、話の一種の「しゃらくささ」はこれまた確かに佐藤大だなあ。舞台がトムソーヤ島、主人公二人がハックと…

スプリガン

●スプリガンの新作全6話一気に見たので感想書く。1話45分クラスなので6話で普通のアニメほぼ1クール分。原作は未見、大友克洋の映画は視聴済。これは…すごく面白い。様々なオカルトネタを真正面から扱うというレイダース/インディの現代版をちゃんとやろう…

パリピ孔明

●パリピ孔明・最終話。ゲリラライブ対決は双方に花を持たせ…た雰囲気だけど勝負はえーこさんの勝ち、という雰囲気で終了する。アザリエ/ナナミさん/唐澤氏側への作劇上のフォロー具合が丁寧。特に視聴者から見て敵役の矢面に立っている唐澤氏の扱いがなか…

スパイファミリー

●SPY×FAMILY・11話。前半は思わぬ星の獲得。べんきょも内面のズルっぷりもなんもかんもイマイチなアーニャさんという描写から、それでも彼女に課せられてしまう重責…大いなる力に伴うアレ、みたいな。年相応の純粋さってのもあるだろうけど、自らを省みずに…

パリピ孔明

●パリピ孔明・11話。決戦当日、ゲリラライブにていいねを稼ぐ作戦のアザリエに対してカウンターゲリラライブをぶつける策に出る孔明一派。なるほど、10万いいねは10万本の矢のアナロジーだったのか…ここで初めて気づいた鈍い俺。一旦ひっくり返されかけた状…

スパイファミリー

●SPY×FAMILY・10話。ドッジボール回。スポーツを通じてアーニャとダミアンの中が進展する、という風にはならないようでちょっとなる。ダミアンさんは家庭環境からのコンプレックスを抱えているようで、つまりはそれがこの人の欠点であり魅力なのだろうな。あ…

スパイファミリー

●SPY×FAMILY・9話。ユーリさんに見せつけらぶらぶみっしょんその後。さんざん煽った上でいざきっすの段となると大あわてするユーリといい、酒飲まんとどうしようもないヨルさんといいおぼこいことこの上ない。本来この手のことなんざどうってことないハズの…

パリピ孔明

●パリピ孔明・9話。ナナミさんと敵味方の友となるえーこさんである。思いのほか穏当な感じのライバル関係になったのは、孔明の策でもあるんだろうかしら。立ちはだかる敵としてのナナミさんのバックストーリーはなかなか重く、売れて表に出ることと自身の作…

スパイファミリー

●SPY×FAMILY・8話。当初からチラチラ言及されてたヨルさんの弟・ユーリさん登場。ロイドがスパイ、ヨルが殺し屋と来て今度は秘密警察のエリート。シュタージがモデルだろうか、恫喝拷問何でもありのヤバい仕事のお兄さんだが、姉のこととなると途端にすっと…

パリピ孔明

●パリピ孔明・8話。期限が近づくも相変わらず英子さん(とカベさん)は逍遥している。自分探しの旅の過程にてそれぞれ同好の士を得て何かつかみかけているのだが、しかしまだそれは形になっていない…ってとこか。んで先週気付かなかったんだけど、えーこさん…

スパイファミリー

●SPY×FAMILY・7話。学校生活本格開始、初日の失点を取り返さんとダミアンへの謝罪作戦を敢行するもことごとに失敗する。これがロイドとアーニャの視点からの話。実際の所はベッキーと仲良くなり、また当のダミアンも、何というかその、ある意味特殊な好感情…

パリピ孔明

●パリピ孔明・7話。かくあるは10万いいね獲得に向けての「天下泰平の計」Vol.1となむ申す。喫緊の目標をここに置き、前提に「アザレア」を第一仮想敵として掲げ、その為にレコーディングに向けて三つの袋をえーこさんに渡す孔明であった、という話。一つ目の…

スパイファミリー

●SPY×FAMILY・6話。晴れてイーデン校に入学するも(当然ながら)諸々上手くいかない御一統である。ターゲットのご子息であられるダミアンさん、アーニャと彼は彼と仲良くなるどころかワーストコンタクト。第一印象最悪からのちのち上手くいくってのはドラマ…

パリピ孔明

●パリピ孔明・6話。KABEさんを仲間とする為に「ラップバトルを仕掛ける」という体で彼の本当に望むことを供し、かくして彼の心を掴むに至る。表向きは熱い感情の高まりによる結果と見せて、実はやっぱり孔明の周到な準備と策略によるもの…という、感情と技量…

スパイファミリー

●SPY×FAMILY・5話。アーニャさんイーデン校合格おめでとうということで、ホンマモンのスパイ組織まるまる使っての一大茶番アクションの一幕。完璧にストーリーに何の寄与もしないフィラーエピソードであり、それゆえに好き勝手に作画・演出ソース使って思う…

パリピ孔明

●パリピ孔明・5話。孔明さんが次に狙うはラッパーであるが、天才的な能力を持つものの気が弱くて脚韻勝負で胃を壊すような人である。何故ラッパーなのか、何故このラッパー・KABEさんなのか、どうやって仲間に引き込むのか。その辺はまた次回の講釈。…しかし…

スパイファミリー

●SPY×FAMILY・4話。イーデン校入学面接の顛末。ヘンダースン寮長先生という割と上級管理職っぽいじいさんに早速気に入られることで、なんかヤらしいゲス教師の圧迫面接にて大失敗というシーケンスをクリアする、という流れだろうな。こういう後ろ盾ギミック…

パリピ孔明

●パリピ孔明・4話。思いがけず目の前に開けた二つの道…まあ、それも孔明の策ではあるのだが。英子さんはあえて険しい道、サマソニ参加の為に10万いいねをめざすことになるという話。どちらかというと大きな山の間のインターバルっぽい回で、英子の感じるちょ…

スパイファミリー

●SPY×FAMILY・3話。天然かつ剣呑思考のヨルと年相応に奔放なアーニャを擁し、ロイド・フォージャー氏の気苦労は加速する。それぞれ世の一般ピープルとは隔絶したヘンテコな面もありながら、ひったくり見て後先なく追いかけるヨルさんやそれをキッチリとフォ…

パリピ孔明

●パリピ孔明・3話。アウェイ感の強い野外フェスにていろいろする孔明たち。敢えてこの段階でフェスを経験させること、一見勝ち目のない相手に勝利する算段、そしてその勝利自体を利用する。孔明さんの「策士」としてのお仕事は戦術ではなく戦略レベルにある…

スパイファミリー

●SPY×FAMILY・2話。母親役ヨルさん登場。ちょいとトウの立ったはやみん(女)声の、美人ながら職場の陰湿な当てこすりもイマイチピンと来ない天然お嬢さんで、裏の顔は凄腕過ぎる殺し屋の人。繋ぎを受けて要人暗殺をちゃっちゃとこなしたその場で「自分は家…

パリピ孔明

●パリピ孔明・2話。「敵がいなければ計略も要らない」という前振りの後に出てくるミア西表なる「敵」。実力も人気もちゃんとあるが、英子さんを踏み台当馬にしようとしたので孔明さんがアレコレしてしょんぼりする、という話。事前に八陣の話を枕に仕込んど…

スパイファミリー

●新番組・SPY×FAMILY。東西冷戦時のドイツが舞台のモデルだろうか、ちょいとレトロな欧州的世界にて凄腕スパイさんとテレパス少女が疑似家族をやらかす話。設定や話の転がし方が洋画の軽コメディっぽくてなんか好き。主人公の「黄昏」の偽名がフォージャー(…

パリピ孔明

●新番組・パリピ孔明。死せる孔明現代の歌姫をプロデュース。転生モノとしてのギャップはまあそういうギミックで、主人公がほかならぬ孔明さんなのでその頭脳もて状況把握と馴化の話がとても早く、ストレスレスと言える。転生初日がハロウィンなのはいろいろ…

ハコヅメ/平家物語/ルパン三世

●ハコヅメ・最終話。連続暴行犯、その決着。シリーズの終わり話ってことでかなりマジな犯罪者が出てきて、そりゃ警察の話だから当然なんだけども、普段のコメディからギャップがあってこれはこれで効果的ではある。それまでなんとか無難に当たり障りなくお仕…

平家物語/ルパン三世

●平家物語・10話。維盛の出家と入水、重衡の虜囚。平家は櫛の歯が欠けるように落ちてゆく。びわはそんな平家を、そのすべてを見て語ると言う。資盛の若き日のすっとこどっこいからこっち、そしてどこまでも。…頼朝さんが最後ここにきて、何やら急にジェノサ…

ルパン三世/ハコヅメ

●ルパン三世・22話。フィンという名の女性がアイスランドっぽい土地に向かい、出生と共に亡くなった自分の母親について調べている…という、一見どうでもいいような事案が何故かルパンに関わってくる。当然そのリンクとなるのはトモエ先生。それまで割とのん…

ハコヅメ

●ハコヅメ・11話。捜査用似顔絵について。確かに警察ネタとしてドラマやマンガではよくあるネタだけど、具体的にどうやって描いたりしてんのかってのはよく知らないものではある。それがこんなあやふやなやり方だったとは! いやまあ実際はもっとちゃんとし…

平家物語/ルパン三世

●平家物語・9話。重盛が身罷り、清盛が斃れたあとはどうにも平家の心柱となるような者が居ない。一応の頭領は宗盛だけど愚鈍の者としての描かれ方から出てないし、となると資盛がこっちの軸となるべきなんだろうが…どうもその、その役柄を苦労して演じている…

ハコヅメ

●ハコヅメ・10話。前半後半で別方面に心がキュッとする話。深刻度合いで言うなら後半の、幼児の人身事故処理に遭遇してトラウマとなる川合さんの方が高いってのはそりゃまあそうで、そこをラフながらちゃんとフォローする宮原交通課部長の描写がイケてるワケ…