境界戦機/サクガン/ルパン三世

●境界戦機・3話。クールでニヒルな同僚出た。てことでテロリスト、もといレジスタンスに合流するアモウさんである。おねーさんとの会話通り、今んとこアモウさんにはこの時点で生き死にの戦場に赴くモチベーションはすごく薄い。彼らとの交流で何となく戦うことを決めたが、さて…今後この決定を後悔することは出てくるだろうけどなあ。そして登場してくる黒いロボ。どうも単なる敵ってんじゃなくて、めんどくさい因縁ありそうだけどもね。それはまた。あとクールでニヒルなガシンさん、単に軟弱な新入りを排斥するって人じゃなく、悪態吐きながらすげえ積極的にシゴいてくるとか、なんか根っこは面倒見のいい兄ちゃんのようで。ちらちらそういうとこが見えると心弱いおっさんのこっちとしても助かります。

●サクガン・3話。コロニー外にて冒険開始。セオリー遵守でご安全に行こうとするガガンバと、独自のルートでジャンプしようとするメメンプーの対比。コトが危険と隣り合わせの冒険だけに安全性が何より重要、特に睡眠不足・疲労ってのはこういうシゴトで一番警戒すべきだよな、という話。メメさんの自己充足的なやり方はそりゃ痛い目も見るのだが、今までの独立独歩でなんでもやってきた描写見るに…まあねえ。そりゃ自らにも恃むとこあるよなあ、とは思う。父娘のエエトコがちゃんと両翼で発揮できるようになるといいんですけどね。ってとこで細谷声のめんどくさそうな人出てきた。めんどくさいかもしれん。

ルパン三世・1話。前回がゼロ、今回が仕切り直しの第1話という体裁らしい。今回の舞台はイギリス、メインの対立者にシャーロック・ホームズ。そういや赤ジャケに出てきてなかったっけと検索したら何度か三世とかが出てて、原作にもシャードックというキャラが居るらしい。とまれ、有名キャラがそのまんま出てくるってのは原作ルパンっぽさある。

今回のホームズはちょいと砕けた感じの落ち着いた好人物。レストレードにハドスン婦人は居るけど肝心のワトスンが居らず、代わりにリリィという少女がいる。ホームズ本人のキャラクタも含め、どうやらこの人物配置が今回のテーマである「悪党としてのルパン」と関わってくるっぽいな。それとは別に「レイヴン」なるワルっぽい組織も出てくるが、それはそれとしてまあこの先で。あと今回は大塚明夫・次元のお披露目でもあったが、控え目な登場頻度もあってすごく違和感が無い。その点は次回以降かな。楽しみにしておきます。

 

雑感想たち

●涼しくなった。というか寒くなった。涼しくなるという位相を飛ばしちゃダメだと思う。しかしおかげで例年ならあまりの暑さに夏の盛りに出てこなかった蚊が秋になって出始める、という状況がなんか薄いのはありがたい。あいつら意外と弱いな。もっと弱くなれ。

●職場のパソがどうにもクソ遅くて困ってたので勝手にメモリ増やす。就業規程読んでないしそういう項目があるかどうかも知らんけど、多分グレーゾーンだと思う。でも今時2Gメモリではどうしようもなくて、スでエクセル立ち上げるだけでたまに落ちるようでは仕事にもならない。お仕事のアレなので真面目に吟味する気力もなく、ほぼノーブランドのクソ安い2Gメモリ乗っけたらクソ快適になった。今までやってたことが阿呆みたいだ。そしてやっぱり勝手にやったことなので内緒にしておく。…ある程度共用のパソなので「なんか調子よくなったね」と言われたりもするが、うんそうですね。何故でしょう。不思議ですね。

●帰り道、前を行く小学生のお嬢さんたちが複数。履いているのは下駄、それも結構高めの一本歯。これを器用に履きこなして走ってゆく。…何その天狗的ファッションセンス。流行ってんの? 俺が知らないうちに天狗メインで小学生に大ウケのコンテンツが発生した? おのれてぃっくとっく(それぐらいしか知らない)。

 

吸血鬼すぐ死ぬ

●月とライカはちょっとめんどくさくなったので感想ナシ。一応見てるが先は不明。

●吸血鬼すぐ死ぬ・3話。ヒナイチさんとその組織・吸血鬼対策課の面々、それとハンターギルドの面々。吸対についてはヒヨシさん含めて次回以降が本番ですな。ヒナイチさんはまだギリギリ「デキる人」の範囲内だが、これも次回以降が本番ですな。ギルドについては主要メンツのお披露目、主にシリスキーさんについて。テンポよくしょーもない話を転がしててよろしい。それにしてもサポートキャラのキャスティングが分厚いなあ…初登場組だけでも小野大輔稲田徹日笠陽子石原夏織に…そしてシリスキーに小野坂昌也。まあ最後のこの人はほぼこの人専用のタイプキャスティングなのでしょうがないとして。うんしょうがない。

 

餃子専門店

●ちょっと前に駅近くに餃子専門店ができた。生餃子販売オンリーでやってて、今でも割とお客さんが来てるってことはちゃんと旨いんだろう。「当然のように目に入ってるけど積極的な行動意識まで登ってこないこと」の一つだったのだが、通りかかった時急に「あ、いっぺん食べてみたい」となったので夕飯をこれとする。同梱のペラ紙に調理方法が説明してある、その通りに作って喰う。…なるほど、これは確かに。全体に打ち粉みたいな粉が振ってあり、焼きあがったら所謂「はね」を含んだ底面がカリッカリになる。ちょっと過剰なくらいのクリスピーさで、たれにひたして多少しなっとしたくらいでいいんじゃないかって気もする。香ばしくて面白い…カタクリというより米粉かなこれは。中の餡もたっぷりで、キャベツベースなのは個人的に好み。困ることと言えばこれ、あまりにハネがカリカリ過ぎて焼きあがった隣の餃子と分離して喰うのに一苦労なんだよね。結構皮を破いちゃいました。ま、そんなんは些細なこととして、今でも商売続いてんのが判るくらいの旨さではあった。また買おう。

 

サクガン/ルパン三世

●サクガン・2話。メメンプーの初陣と旅立ちまで。1話の中でメインメカのギミックや能力、「怪獣」の性質と今回のイレギュラーさ、メメンプーの才能、ガガンバーの父としての立ち位置、仲間のマーカーたちとの関係、世界の限定的な描写…と小回り良く見せる。これ、初回は1話2話まとめて1時間スペシャルならもっと据わりが良かったかもしれないな。

メメンプーさんは才能はバカ高いが、9歳という年齢相応の幼さや新たな状況への恐怖もある。そこをガガンバさんがちゃんごフォローし、支えてるのが(ヘタレ描写も含めて)いいお父んやなってとこですが…なんかすげえ丁寧に死亡フラグ構築してやがんな。あからさま過ぎて逆に死なない流れもあるくらい。あと、コロニー外へのシャッタを開ける開けないで「私にそんな権限ない」つってる担当者をマーカー仲間が脅して開放させるっての、案外いい解決手段だなと思った。これなら担当者は上層部に言い訳が立つし、マーカーさんたちは荒事なんか茶飯事で社会的ダメージもそない無いやろしねえ。

●新番組・ルパン三世。テレビシリーズ6期目、コンテ演出にアニメルパンの生き証人みたいになってる富沢信雄。今回は次元/小林清志のためのエピソード0、という趣向。AIドローンにCADのプラ銃、そんな世の中には反吐が出る、という次元。ルパンはこういうのに合わせてくるのとの対比であり、オールドスタイルの権化というストーリーラインを小林次元に重ねてくるってのはアリではあるが、バランスの難しい題材ではある。最後の最後で次元は変わらぬまま、新たな時代を笑い飛ばす…ってのはいいオチ。「クラシック」という形容詞が出てくるとか、オールドルパン作品へのオマージュもキッチリしている。…ギミックアイテムの1971年物の酒ってとこでアニメルパンの開始年は判るけど、酒自体はあれ何でしょうね。実在するんだろうな。

しかしクリカンルパンは年経てすごく…何というか、この人ならではという「キャラクタ」を得たものだよねえ。山田康雄のラインを継承しつつここまで独立した存在/演技ができるのならば、押しも押されぬと言ってよろしかろうなあ。中の人ご本人が60近辺、割とめんどくさい人と聞くけどね。てことで、次回の仕切り直し本編も期待してみよう。

 

月とライカ/すぐ死ぬ/境界戦機

●月とライカと吸血姫・2話。何かにつけて意識的・無意識的に差別され、神経を削られるような描写…って感じじゃなくて、今回出てきた「首からニンニクぶら下げていちいちイヤミ言う副所長」というテンプレキャラにその歪みを集中させてる感じだな。差別描写も訓練の特殊性も、割と淡々と演出されるのでそれほどの重さはない。この辺、個人的には食い足りないとこはあるかなと思ったりする。…さて、「真の敵」という言葉が出てきたけども。とりあえず米国的な存在は大きくあるとして、どうやら身内に裏切り者とかあるっぽい。誰でしょうね。井上喜久子とか不相応にごっついキャスティングですけど、その辺?

●吸血鬼すぐ死ぬ・2話。テンポよく原作を消費し、かつエピソードもいい感じに入れ替えられるってのは原作ストックが溜まってる作品の強みだな。インパクトの強いキャラを先に出すのもいい戦略。てことでフクマさん・ゼンラニウム・ヒナイチさんそれぞれのお披露目話。ヒナイチさんはこっから先(Y談おじさん回)が本格化でしょうけどね。…それにしてもゼンラニウムだよ。まさか大塚明夫とは思わんかったわ。ずるいわ。ここまでキャストを隠してただけの重厚なボムではあった。これなら先々のキャスト展開にも期待が持てるわなあ。脇に細谷とか子安とか、ホンマ豪華。いや面白かった。

●境界戦機・2話。1話の小物然とした敵に続いて割と手こずりそうなネームドっぽい人と、少し職業軍人さが増したアジア軍と、謎のクールキャラが出てくる。性能差があるとはいえ敵が複数こっちは単独、という戦闘の描写はなかなか面白い。AIによる行動計算や認証が無いと使えない兵器など、ちょっとしたディテイルも良い。老夫婦との交流エピソードは…まあ、テンプレの域は出てない感じでしたが。つーか謎の少年のロボ、かっちょいいな。こっちの方がヒーローっぽくない?

 

サクガン

●新番組・サクガン。スチーム…じゃなくてガソリンパンクというかレシプロパンクというか。鉄と油の臭いのする無骨なロボットと岩盤相手の労働者、世界の果てには未だ誰も踏査せざる謎の領域…とまあ、そういう世界。こないだやってたデカダンスと似た雰囲気ではある。まああっちは疑似的父娘だったけどこっちはマジの親子みたい。途中までBGMも演出もコメディ気味だったのを最後の数分でひっくり返して真顔にさせる、あの「虚構度合いの振らせ方」は割とギリギリの匙加減だなと思った。あんまりあれやると物語の一部(今回なら怪獣からひいこら言うて逃げてるシーンとか)が空虚な印象になってしまうからなあ。

変な名前のお父ん・ガガンバーに東地宏樹のへちょたれた演技はたまに聞くけど、その昔馴染み江川央生の落ち着いた頼れるおっさんってのは少し耳新しいかなと思った。てとこで第1話はなかなかいいキャッチだったんだけど…これ、サテライトなのか。うーんちょっと個人的には合わない作品の多いとこだけど、少し継続してみようか。判らんけど。