リベンジャー/吸血鬼すぐ死ぬ/虚構推理/ヴィンランドサガ

●REVENGER・4話。おさむらいさまと惣二さんとの同居暮らし。「承知した、万事適当に致す」…何につけてもマジメ過ぎる繰馬様をどうしたもんか、という糸口ってのが「絵」とはまた面白い切り口ではある。何の経験もなく筆一本であそこまでの「南蛮絵」、つまり写実的な絵を描き上げるだけでも面白いが、これは繰馬様って映像記憶的な能力持ちってことなんかしらね。その辺、今後のネタになっていくのか否か。

何だかんだで面倒見の良さそうな惣二さんがいい。このメンツの中でこの人がいちばんマトモに近いんだろうな。繰馬様はあれでどっか歪んでるとこありそうだからねえ。

●吸血鬼すぐ死ぬ・4話。前半は野球拳大好きとコユキさん。この二人が今後もつかず離れずの関係性ネタになるとはなあ、っつーかどういう取り合わせなんだろうねこれ。キャラも中の人も年齢差スゲエけども。あと野球拳の第一声のフツーさがいい感じで、千葉繁こういうのも上手いなと思った。後半はショタルクとミラお母さん。2期最終回はこの話かなーと思ってたがここでぶっこんで来た。てことは最終回はもっとしょーもない話になるぞという崇高な宣言と受け取った。いいことである。

ミラさんに田中敦子。この作品ならそういう贅沢なことするだろうなというキャスティング。ご真祖様の中田譲治が一瞬だけ出てきたので、今後の話で本格登場が期待できそう。あとショタルクは田村睦心…この作品だとあっちこっちで大忙しだなあ。ちっこいキャラ軒並みやってない?

●虚構推理・4話。ムロイさんの嫌疑はすでに晴れていた。がしかし異形の知恵の神であるおひいさまとしては、ムロイさんにただ状況を伝えるだけではそのお仕事を全うできない。だからこそ、ハッタリとしての虚構推理を開陳して雪女との関係性を認識させる必要があった…と。毎度々々それらしい嘘八百を喋り倒すためのギミックがヘンテコだし、事件の真相は「そこら辺の幽霊に聞いたら判った」という身も蓋もなさだし、面白さがすげえ変化球なンはこの作品らしいなあ。

真犯人のホワイダニットがなかなかの拗らせぶり。代理ミュンヒハウゼン云々とも違うし、何だろうねこれ。おひいさまとクロウ先輩それぞれの異質さもあって、異形であるはずの雪女がいちばん真っ当に見えるのがこの状況のキモ。それがサブタイの「純真」ってワケなんだろうねえ。

ヴィンランド・サガ・4話。今まで「狐」に耳斬り飛ばされても何の感情も見せなかったトルフィンが、「蛇」の技の起こり(そして心の中に在るアシェラッド)を見た一瞬で攻撃モードに入ってしまう。蛇は「お前は生きたいつってるぞ」と言うが、トルフィンは自分の「生」に対して戸惑うしかない。そして彼の希死概念は、戦士という出自も相俟ってエイナルのやる方ない憤怒を誘う。…そうか、トルフィンが雑に捨てようとしている「生」は、エイナルとその家族たちがこの上なく求め続けていたものなのだな。その不平等、不均衡。それはこの世界のあらゆるレイヤに満ち満ちている。彼ら二人がそんな歪みを御する…折り合いをつける…あるいは乗り越えることができる日は来るのかどうか。つってたらクヌートが出てきましたけどね。これも大きな歪みではある。

物語としては大きなものでもなんでもないが、各キャラの演技や作画演出に至るまでも鋼板のように重く分厚いので、視聴後にとても大きな感触が残る。トルフィンが「たくさん殺した」と言う時の、切り倒された樹木だらけの荒涼とした心象風景がキツい。んでもってあと、各所で描写される身体性。トルフィンの傷だらけの手、エイナルの怒りで広くなった背中、彼らのガサガサの唇。これらの生っぽい身体感覚がまた、エエのよなあ…。

ゴキブリ

●出勤時ゴキブリを見る。玄関で靴を下駄箱から出して三和土に置いたら中からぽろっと大き目のクロゴキブリが出てきた。屋内で子ゴキブリも見ないし以前玄関ドアの下の隙間からでかいのが入ってくるの見たし、こいつもウチで繁殖した個体じゃなくて外から迷い込んできたんだろうな。それはそれとして完全に殲滅したいが出勤前であまり時間もないので、三和土に居る状況をよしとして適当に中性洗剤ぶっかけといてそのまま出勤する。

帰ってきたら三和土が洗剤で濡れてるの見て「そうかゴキブリ居たっけ」と思い出す。そのご本人は三和土を上がったところでひっくり返って死んでいる。濡れティッシュで片付けつつふと見るとちょっと離れた場所に濁った色の液体があって、ははあこれは死にかけのゴキブリが吐くか排泄するかで汚した跡だなと判る。きったねぇなと思いつつ清掃してると、何故かちょっとだけいたたまれない気持ちが生じてくる。なんでまたゴキブリなんぞに感情移入をと思ったが、多分吐瀉なり排泄なり今まで見たことないゴキブリの様相を確認したことで、半ば記号化した自分の中の「ゴキブリ」というアイコンからの逸脱を感じたんだろう。これはゴキブリという抽象化されたモノではなく、外骨格に神経系や消化系を備えた実体としての生命だ。死の間際までホメオスタシスを維持する為に吐瀉なり何なりの行動を行った痕跡なんだ。そういう生っぽさに、どことなく違和感を覚えたという
ことは考えられる。…なんか昔、にゃずあんとかいうゴキブリコピペネタがありましたっけねと思って検索したらもう引っかからない。ウェブ上のデータもやがて消える。雨の中の涙のように。

それはそれとして、ゴキブリはキモいので死骸はティシュに包んで捨てました。お前らまたウチに来やがったら承知しねェからな。覚えとけ。

うる星やつら

うる星やつら・15話。前半、ランちゃんが疑心暗鬼の二面性キャラになったのはラムさんのせいが大きいのでしょうがないのだけれど、それにしても不幸と攻撃性を兼ね備えててお話を転がしやすいキャラだなとは思う。勘違いでの「ランちゃんしあわせー!」の花澤さんの演技が吹っ切れててよし。つーかこの文言、元を辿ると鴨川つばめの「トシちゃんかんげきー!」に至るのかなあ。後半はあたるの惚れ薬(じゃない)状態の上っ面加減が素晴らしくいい演技で感心する。何だかんだ演技幅広いよなあ神谷さん。あと今回のギミック「ほれぐすりとほらぐすりを間違える」っての、英語のsubだとどうしてんだろ、loveとlieのLつながりかなと思ったら、loveとloud/loudmouthで処理しててへーっと思った。「いらんことしゃべり倒す薬」みたいな感じかなあ。

ランの母に伊倉一恵。これは高橋留美子作品のあれこれというより、うる星当時の時代の息吹を伝えるキャスティングと言えよう。何言ってるのかよく判んないっすね。ちなみに私は虎王です。

リベンジャー/吸血鬼すぐ死ぬ/虚構推理/ヴィンランドサガ

●REVENGER・3話。今回の対象者は商家からショバ代取ってアヘンで私腹を肥やす悪代官殿。ニオさんは皮肉半分に「言われたとおりに人を斬る侍(=繰馬様)よりお優しいんでないの」と言う。それがおさむらいさまであると。侍は侍をやめられるのか、人は今の境遇や宿業から逃れられるのか。何故か繰馬を囲う幽烟の目的、裏にはその辺のギミックもある、んだろうな。

今回の担当キャラは得物も行動指針も花札、鉄火場浸りの惣二さん。繰馬様とのキルカウント比べでエエ札を引いたけど引き分けて「ぬか喜びさせやがって」というオチだが、つまりこの結果が実はアタリだったっちうこっちゃね。命拾いしたってのもそうだろうし、繰馬様とお仲間になった…ってのもそうなんだろう。あと前回の大塚明夫に輪をかけて胡散臭い、仕事人たちと薄ーくつながってる生臭奉行に子安武人。だいたいこういうののパターンは昼行燈だけど切れ者ってのだが、あまりにも胡散臭すぎて笑ってしまった。うん、キャラを付ける時には手加減しちゃダメってことだね。

●吸血鬼すぐ死ぬ・3話。サンズちゃん(やっと)登場、サギョウと吸血ゴボウ、辻田さんとカンタロウの3本。今回やたら気合が入ってて、Aパートのバトル…バトル? 作画の念の入り用とか場違いに上等だったんだけど、それ以上にカツカツと響く演出のテンポがすごく良かった。(悪くはないんだが)ちょっとかったるい回と比して、緩急の「急」部分がヤケクソにシャープで気持ち良い。その上なにげに各パートとも今後の展開に重要な内容なんだよな。この作品の地雷埋設的シリアス要素の極北であるナギリ・カンタロウのお二人は、今回アニメ化でどこまでやれるかしら。

各話ゲストの演技も良い。中でもサンズさんの伊瀬茉莉也の暴走ぶりが本当にお疲れ様って感じで感心した。サンズちゃん、ピンク髪サイドテール低身長トランジスタグラマー黒スーツギザ歯星目猫口という過積載にも程があるキャラデザインだけど、不思議とまとまってんだよな…。これで何やっても空回りのすっとこどっこい娘ってのがまたいいねえ。

●虚構推理・3話。ムロイさんのアリバイを証明できるのが雪女だけとなれば人間世界の法律ではどうしようもないので、ここでおひいさまが介入して事件解決…のハズが雲行き怪しく。ムロイさんがマジ犯人になりそうな流れは、この作品の構造を知っているこっちからしたら「虚構」であると判ってはいるんだけど、それでもなかなかにリクツ高くてサスペンスフルだ。そりゃムロイさんも趣味が悪いと言うわな。それがお二人の関係性を強固にするためのものだとしても、である。

そしてやっぱりおひいさまの品性が地に落ちてんの見るのは楽しい。信頼を得るには一発ヤってるはずだろという言いようも然りながら、その手つきはやめなさい。相変わらずだなこのお嬢さんは!

ヴィンランド・サガ・3話。バカ息子の「通過儀礼」の為に殺されようとしているトルフィンとエイナル。抗うエイナルに対し「俺を斬れ」というトルフィンには全く生への指向性が無い。「今まで生きてきて、いいこと一つもなかったよ」という彼のセリフに嘘はないだろうが、しかしまだ彼には悪夢を見るという力がある。正だろうが負だろうが、それは多分彼にとって何らかの擾乱要素である。まだ死んではいけない。まだ。

「蛇」に小松史法、アルネイズに佐古真弓とシブいとこ当ててくるよね。両者ともどっちかっつーと実写吹き替え系のお人だし、そういう質感が求められてんだろうなとは思う。そういや佐古さんは虚構推理の六花さんだっけ。今期も出てこられるんかしらん。

うる星やつら

うる星やつら・14話。面堂のライバルみたいなそうでもないような人・トンちゃんCV梶裕貴登場。例によってアホなのはともかく、問題は愉快犯の煮凝りみたいな了子さんのメインターゲットというその立ち位置で、打倒面堂! と出てきてはバラエティあふれる方法でボコボコにされる、という非常にかわいそうな役回り。今回前後編ともテンポよいドタバタが軽快でよろしい。了子お抱えの黒子が何かするのを登場人物全員が「そういうもの」としてスルーするギャグ、いろんなレイヤでハイコンテクストだなあと思う。外国のうる星ファンは理解できてんだろかアレ。あと面堂の宮野真守、叫び声がどんどん神谷明に似てきたな。伸びしろすげえや。