カプレーゼってどこで知ったんだろう俺

●カプレーゼ喰いたくなった。つっても我が知識は「なんかジョジョに出てきたな」ってのがまず最初で、実際に喰ったことどころかホンマモンを見たことあるとかすら怪しい。よって何故急に喰いたくなったのかはよく判らない。検索すると割と単純なサラダであり…

ユーレイデコ

●新番組・ユーレイデコ。これは…拡張現実(AR)が社会の根幹にあり、いいねがほぼ通貨となってる世界か。表現形式は確かに湯浅政明のフレーバーが濃厚、話の一種の「しゃらくささ」はこれまた確かに佐藤大だなあ。舞台がトムソーヤ島、主人公二人がハックと…

スプリガン

●スプリガンの新作全6話一気に見たので感想書く。1話45分クラスなので6話で普通のアニメほぼ1クール分。原作は未見、大友克洋の映画は視聴済。これは…すごく面白い。様々なオカルトネタを真正面から扱うというレイダース/インディの現代版をちゃんとやろう…

スパイファミリー

●SPY×FAMILY・最終話。フォージャー家のある一日でシメ。(本人の苦労は置いといて)話の規模的にはコンパクトにまとまってて、その上冒頭にこれまでのあらすじも乗っかってんので、最終回というよりは第2シーズン初回といった趣であった。2期決定ということ…

中華的塩卵・外伝

●こないだ作って旨かった挽肉塩卵炒め物について、これを塩卵/鹹蛋ではなくて普通の鶏卵ゆで卵で作れないかなと思って試してみる。塩卵自体そない高価なものでもないんだけど、いかんせん売ってる業務スーパーが中途半端に遠い。ゆで卵で代用できれば楽でい…

パリピ孔明

●パリピ孔明・最終話。ゲリラライブ対決は双方に花を持たせ…た雰囲気だけど勝負はえーこさんの勝ち、という雰囲気で終了する。アザリエ/ナナミさん/唐澤氏側への作劇上のフォロー具合が丁寧。特に視聴者から見て敵役の矢面に立っている唐澤氏の扱いがなか…

スパイファミリー

●SPY×FAMILY・11話。前半は思わぬ星の獲得。べんきょも内面のズルっぷりもなんもかんもイマイチなアーニャさんという描写から、それでも彼女に課せられてしまう重責…大いなる力に伴うアレ、みたいな。年相応の純粋さってのもあるだろうけど、自らを省みずに…

中華的塩卵

●塩卵を買う。鹹蛋(しえんたん)ってヤツ。アヒルの卵を長期間塩水に漬けたものを茹でた塩辛いゆで卵である。ネットで塩卵と挽肉の炒め物というレシピが旨そうだったので興味を持ったという、毎度の食べ物ミーハー行動によるもの。それにしたってコアな中華…

パリピ孔明

●パリピ孔明・11話。決戦当日、ゲリラライブにていいねを稼ぐ作戦のアザリエに対してカウンターゲリラライブをぶつける策に出る孔明一派。なるほど、10万いいねは10万本の矢のアナロジーだったのか…ここで初めて気づいた鈍い俺。一旦ひっくり返されかけた状…

スマート耳かき

●耳垢の質がべたつき気味なので溜まりやすい。こないだかなり溜まった感じがしたので耳鼻科に行き吸引清掃を受ける。施術後先生に今後どうしたものかと聞くと、耳垢は奥の方にはできず主に入り口付近に発生するので定期的に綿棒で拭くのが良いとのこと。私の…

スパイファミリー

●SPY×FAMILY・10話。ドッジボール回。スポーツを通じてアーニャとダミアンの中が進展する、という風にはならないようでちょっとなる。ダミアンさんは家庭環境からのコンプレックスを抱えているようで、つまりはそれがこの人の欠点であり魅力なのだろうな。あ…

横綱あられとかそういうの

●だいぶ前に横綱あられ黒胡椒味がおいしいなあという日記書いたが、あれは「天狗製菓」というメーカの横綱あられであった。そういやよくスーパーなんかで売ってる横綱あられは確かぼんち揚げの会社だったような気がするな、と検索してみたらちょっと違った。…

パリピ孔明

●パリピ孔明・10話。カベさんの方は一旦の決着、旧交を温めることで原点を意識して赤兎馬の人に勝つ。一方のえーこさんにあっては、さしあたっての中目標であるセンセイ・キドの合格点は達成。これにより彼女の武器・決戦の歌は完成に向かう…ってとこまで。…

麦飯のカサ増しについてその2

●てことで凍みこんにゃくを刻んで麦飯のカサ増しにするチャレンジ。こないだの大根に続くもの。検索すればこんにゃくでの代用炊飯レシピはあるのだが、ほぼ麦オンリーであるのと凍らせたこんにゃくであるのと、この二つのイレギュラーをどうこうしてくれるレ…

スパイファミリー

●SPY×FAMILY・9話。ユーリさんに見せつけらぶらぶみっしょんその後。さんざん煽った上でいざきっすの段となると大あわてするユーリといい、酒飲まんとどうしようもないヨルさんといいおぼこいことこの上ない。本来この手のことなんざどうってことないハズの…

パリピ孔明

●パリピ孔明・9話。ナナミさんと敵味方の友となるえーこさんである。思いのほか穏当な感じのライバル関係になったのは、孔明の策でもあるんだろうかしら。立ちはだかる敵としてのナナミさんのバックストーリーはなかなか重く、売れて表に出ることと自身の作…

麦飯のカサ増しについて

●丼用のごはん・押し麦使っての試行。意図は炭水化物控えめとかそういう小賢しいアレ。まず大根について。大根をスライサー使って荒くみじん切り、塩振って絞ってからちょっと炒め、麦飯に混ぜる。悪くないがちょっと手間かかりすぎてめんどくさい。 次に切…

スパイファミリー

●SPY×FAMILY・8話。当初からチラチラ言及されてたヨルさんの弟・ユーリさん登場。ロイドがスパイ、ヨルが殺し屋と来て今度は秘密警察のエリート。シュタージがモデルだろうか、恫喝拷問何でもありのヤバい仕事のお兄さんだが、姉のこととなると途端にすっと…

パリピ孔明

●パリピ孔明・8話。期限が近づくも相変わらず英子さん(とカベさん)は逍遥している。自分探しの旅の過程にてそれぞれ同好の士を得て何かつかみかけているのだが、しかしまだそれは形になっていない…ってとこか。んで先週気付かなかったんだけど、えーこさん…

スパイファミリー

●SPY×FAMILY・7話。学校生活本格開始、初日の失点を取り返さんとダミアンへの謝罪作戦を敢行するもことごとに失敗する。これがロイドとアーニャの視点からの話。実際の所はベッキーと仲良くなり、また当のダミアンも、何というかその、ある意味特殊な好感情…

シン・ウルトラマンその2

●シン・ウルトラマン見たのの感想絵をこっちにも置いておく。ちょっとネタバレはある。

パリピ孔明

●パリピ孔明・7話。かくあるは10万いいね獲得に向けての「天下泰平の計」Vol.1となむ申す。喫緊の目標をここに置き、前提に「アザレア」を第一仮想敵として掲げ、その為にレコーディングに向けて三つの袋をえーこさんに渡す孔明であった、という話。一つ目の…

シン・ウルトラマン

●シン・ウルトラマン鑑了。帰ってきてから感想を検索すると「私は面白かったけど…」みたいなのがいっぱい出てきて面白い。いやほんまその通りで、見たあとでなんか言いたくなってしまうような映画だと思うン。瑕疵というか舌っ足らずというか、そういうバラ…

唐揚げの謎

●商店街で唐揚げを売っているので買う。唐揚げっつっても結構デカくて、ちょっと小さ目のフライドチキンというかコンビニのチキンよりちょい小さいくらいというか。そんなカサはあるのに中はジューシー、衣はうっかりすると口中を切りそうなくらいサクサク。…

スパイファミリー

●SPY×FAMILY・6話。晴れてイーデン校に入学するも(当然ながら)諸々上手くいかない御一統である。ターゲットのご子息であられるダミアンさん、アーニャと彼は彼と仲良くなるどころかワーストコンタクト。第一印象最悪からのちのち上手くいくってのはドラマ…

パリピ孔明

●パリピ孔明・6話。KABEさんを仲間とする為に「ラップバトルを仕掛ける」という体で彼の本当に望むことを供し、かくして彼の心を掴むに至る。表向きは熱い感情の高まりによる結果と見せて、実はやっぱり孔明の周到な準備と策略によるもの…という、感情と技量…

生クリームを消費する

●こないだ牛肉トマト赤ワイン煮で残った生クリーム、凍らせてとっといたのを使う。塩胡椒と粉振った鶏むね肉を例によってフライパン30分じわじわ焼きしつつ、別フライパンでシメジと玉ねぎとブロッコリをちょい炒めてから塩胡椒・ニンニクチューブ・コンソメ…

スパイファミリー

●SPY×FAMILY・5話。アーニャさんイーデン校合格おめでとうということで、ホンマモンのスパイ組織まるまる使っての一大茶番アクションの一幕。完璧にストーリーに何の寄与もしないフィラーエピソードであり、それゆえに好き勝手に作画・演出ソース使って思う…

パリピ孔明

●パリピ孔明・5話。孔明さんが次に狙うはラッパーであるが、天才的な能力を持つものの気が弱くて脚韻勝負で胃を壊すような人である。何故ラッパーなのか、何故このラッパー・KABEさんなのか、どうやって仲間に引き込むのか。その辺はまた次回の講釈。…しかし…

鍋のシメとしての全麦飯

●メモ的に。鍋の時期もそろそろしまいかなと思いつつ、でも喰いたいときには真夏でもやるんだけど、とりあえず本日は鶏とキャベツで鍋とする。まあそれは普通に美味しかったとして、鍋のシメ雑炊に全麦飯は割とアリで、かつそれを炊くに電気鍋もアリだなと今…