ヴィンランド

ヴィンランド・サガ・20話。覚醒クヌートの覚醒ぶりが素晴らしい。ある程度付き合いのあったトルフィン・アシェラッドはともかく、トルケルを割と好きなように仕事割り振ってんのが尋常じゃないな。あとVSスヴェン王の第1回戦での堂に入った対応も大物っぽくてよろしい。クヌートとスヴェン、それぞれに王としての存在感がハンパない状況での駆け引きが緊張感ある。ここでの「王冠」にまつわる対話は指輪物語の指輪だな。王権力という概念をモノに仮託する感じですかね。